菓子

本わらびもち- ほんわらびもち

わらびの根から採取した宮崎県産の本わらび粉を100%使用しています。

本わらび粉は、秋に、わらびの根を掘り起こし、晒して製粉したものです。7年ほどおいてから使うコクのある良質のでんぷんで、古代より摂食されてきました。
「わらび餅」は、室町中期の『老松堂行録』にその名が見られますが、おもに、江戸時代より関西地区において多く親しまれてきました。(関東ではくず餅が多く食されてきました。)
わらび餅の缶詰は、昭和50年代後半に開発したもので、風味を損なわずいつでもお楽しみいただけます。
缶詰には、黒蜜ときな粉を添付しております。いずれも同時期に独自開発したものです。黒蜜は糖度を特に低くしております。黒蜜は通常糖度が80度くらいですが、時間をかけて50度前後に調製しております。きな粉は、国産の大豆を、わらび餅に合うような炒り加減で調整しております。きな粉は炒り加減が大事です。