菓子

松風- まつかぜ

蜜漬けにした桃を焼き込んだ、老松の松風。

古代日本では、菓子といえば「古能美(このみ)」や「久多毛能(くだもの)」のこと。「非時香果(ときじくのかくのこのみ)」と言われ、貴重な存在でした。なかでも、桃は、呪力のある果実として、記紀神話にも登場します。老松の「松風(※)」は、菓子のルーツでもある「久多毛能(くだもの)」にあやかり、蜜漬けにした桃の果実を入れました。京の白味噌をかくし味に、銅鍋でふんわりと焼き上げ、しっとり上品に仕上げました。ホールケーキ状の焼き菓子です。切り分けてお召し上がりください。