菓子

流鏑馬- やぶさめ

流鏑馬射手の綾傘をかたどった餅風味の平鍋物で、葵の紋をあしらいました。

下鴨神社(賀茂御祖神社)における流鏑馬は、欽明朝より伝わる馬の神事とされていますが、戦後、農耕馬の減少により、祭の継続が危ぶまれた時期がありました。祭祀において、菓子は、神饌として用いられる重要な要素です。菓子を通して祭祀とその重要性について知っていただきたく、創菓しました。皐月の邪気を払うべく糺の森を駆け抜ける馬神事の素晴らしさを、ぜひお楽しみください。