ブログ

京都の和菓子 老松-ご案内

鏡開き

今日は鏡開きの日。
皆様も鏡餅を善哉にしたり、焼き餅にしたり、いろいろと
楽しまれていることと思います。

↓老松でもお鏡さんを善哉にしていただきました。

お餅の焦げ目が香ばしく、ふっくらと炊きあがった小豆の風味が最高です!

花街を総合的に描いた初めての本です


ご好評につき、増刷されました
「京の花街 ひと・わざ・まち」
編著者 太田達・平竹耕三
発行所 日本評論社
ISBN 978-4-535-58561-4
1,995円

(北野店でも販売しております)

行ってきました!


今年もいい年になりますように

京の底冷え

朝は雪もちらつき、寒さが厳しくなってきました。
京都は三方を山に囲まれ、冷気がたまりやすく、冷気湖、寒気湖とよばれ、
「京の底冷え」と呼ばれる由縁です。
カブラの漬け物は寒くなってから漬けたもののほうがおいしいそうで、
底冷えがはじまる立冬以降に漬けたものが最良とされているそうです。
おいしい漬け物が漬けられていることと思います。
今日は上賀茂神社さんで「白馬奏覧神事(はくばそうらんしんじ)」がおこなわれる日。
宮中の白馬節会に由来する神事です。
正月に白馬をみたり夢に見るのは縁起がよいとされております。

1/4 店頭販売 「揚げ饅頭」について

「揚げ饅頭」を店頭にて販売する予定でしたが、
都合により本日は中止とさせて頂きました。
誠に申し訳ございませんでした。

20 / 23<<...10...1819202122...>>